三井住友銀行カードローンの審査では年収がいくら必要?

「三井住友銀行カードローンって年収がいくら必要?」
「どのくらいの年収があればいくら借りれる?」

三井住友銀行カードローンの審査を考えているあなたなら、こんな疑問を持ってはいませんか?

三井住友銀行カードローンと言えば、限度額が最大で800万円もあり、年率4.5%~14.5%という低金利で借りれる銀行カードローンですよね。

そんな三井住友銀行カードローンの審査に通るためには年収がいくら位必要なのか?

今回は実際に三井住友銀行カードローンに審査を申し込んだ人たちを対象にしてアンケート調査を行った結果を公開しながら、あなたにもできる審査対策をお伝えしたいと思います。

三井住友銀行カードローンの審査と年収のポイント!

年収は150万円以上が理想!
社会人・正社員向けのカードローン
収入証明書を提出できればさらにグッド!

結論から言えば、あなたが「年収150万円以上の正社員で、収入証明書を提出できる」のであれば、かなりの確率で三井住友銀行カードローンの審査に通過できると言えます。

他にも三井住友銀行カードローンの審査基準は色々とありますが、年収条件や返済履歴の条件をクリアしていれば、あなたもキャッシングできる可能性はとても高いので、ぜひ一度審査を申し込んでみて下さいね!

参考記事
>>三井住友銀行カードローンの審査で返済履歴はどう影響する?(準備中)

 

三井住友銀行カードローンの審査に年収制限はありません!

「年収が150万円以上ないと審査に通らないの?」
「学生やフリーターだとやっぱり審査は厳しいの?」

もしかしたらあなたはこんな疑問を持っているかもしれませんね。

確かに、三井住友銀行カードローンでは冒頭で紹介した通り、年収が150万円以上ある正社員や公務員といった社会人向けの銀行カードローンなので、学生やフリーターでは審査条件としては厳しいのは事実です。

ですが、本来カードローン審査はあなたの年収に応じて無理のない金額を融資してくれるサービスなので、年収や職業だけを理由に審査を諦める必要はありません。

また、三井住友銀行カードローンでも年収条件のほかに重要な「返済履歴」に問題がなければ、多少年収が低くてもキャッシングできるチャンスは十分あると言えます。

まずは三井住友銀行カードローンのお試し診断などを利用して、あなたが本当にキャッシング審査に通るかどうかを調べてみて下さいね!

 

三井住友銀行カードローンの審査と年収はココが重要!

1.年収は150万円以上が理想!

これは三井住友銀行カードローンに審査を申し込んだ人たちのアンケート結果ですが、審査を申し込んだ人たちの年収は100万円以上の人たちが多いです。

ただし、実際に審査を申し込んで、通過しているのは年収が150万円以上の人から増えてくる傾向にありました。

三井住友銀行カードローンの場合、低金利でキャッシングできる一方で、審査をしっかりと行っている傾向があると言えるかもしれません。

三井住友銀行カードローンの審査ポイント!その1

  • 年収が150万円以上が一つの目安
  • 年収が100万円未満だと審査は厳しいかも

 

2.社会人・正社員向けのカードローン

次に、三井住友銀行カードローンに審査を申し込んだ人たちの職業を調査してみたのが次の結果です。

このグラフからみても分かる通り、三井住友銀行カードローンに審査を申し込んでいる人の多くが正社員であることが分かります。

一部、契約社員や派遣社員の人も審査に申し込んでいますが、審査通過率は正社員の人よりもやや低いことがわかりました。

また、フリーターや自営業の人は、収入証明で安定した収入がどこまであるか次第によって審査結果が変わる傾向にありました。

この事から考えると、三井住友銀行カードローンの審査では「正社員 > 契約・派遣社員 > 自営業 >フリーター」の順番で審査に有利になっていることが分かります。

三井住友銀行カードローンの審査ポイント!その2

  • 審査に一番有利なのは正社員
  • 次に有利なのは契約・派遣社員
  • 自営業やフリーターは収入証明がカギ

 

3.収入証明書を提出できればさらにグッド!

もしあなたが自営業やフリーターなど、安定収入の評価で不安がある場合は、給与明細や源泉徴収票などの収入証明書を提出するのがポイントです。

三井住友銀行カードローンの場合、原則50万円までなら収入証明書で審査に通ることができます。

ですが、自営業やフリーターなどの一部の職業に就いている人であれば、収入証明書をしっかりと提出した方が審査の評価もプラスに繋がりやすいです。

そのため、もしあなたが三井住友銀行カードローンの審査に通ることを本気で考えているなら、面倒でも収入証明書を提出した方が審査通過率もアップしやすいです。

また、50万円以上のまとまった金額をキャッシングしたいときも、収入証明書を必ず提出するようにしましょう。

(※参考「三井住友銀行カードローンの審査で必要な書類は?」)

三井住友銀行カードローンの審査ポイント!その3

  • 原則50万円まで収入証明書なし!
  • ただし、フリーターや自営業は提出した方がいい
  • 50万円以上の場合は、必ず提出すること

 

三井住友銀行カードローンの限度額はいくらまで借りれるのか?

今回は「三井住友銀行カードローンの審査と年収の関係がどのくらいあるのか」を、アンケート調査を元にしながら解説を進めて行きました。

ちなみに、三井住友銀行カードローンに審査を申し込んだ人たちは、初回審査でいくらの限度額でキャッシングする事ができたのか?

これってあなたも気になりますよね?

そこで、最後に三井住友銀行カードローンに申し込んだ人たちの審査結果も調べてみたので、公開したいと思います。

それが以下のグラフ。

三井住友銀行カードローンの審査結果は?

審査に落ちた人もそれなりの数がいますが、主に30万円~50万円の限度額でキャッシングできた人が多くいるようです。

また、給与明細などの収入証明書を提出すれば、限度額が100万円以上の条件でも一度のキャッシング審査で通過できることも分かりました。

三井住友銀行カードローンの場合、限度額が50万円までなら収入証明書なしでキャッシングできますが、それ以上の場合は給与明細などの収入証明書が必要になるので、必ず提出するようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査で大切なのは年収より返済遅れがないか

「やっぱり年収が高い方が審査に有利なんだ…」
「社会人じゃないと審査に通過しないのかな…」

ここまで記事を読んだあなたは、もしかしたらこんな不安を感じたかもしれませんね。

三井住友銀行カードローンは年収が150万円以上ある正社員・社会人向けの銀行カーどーんであることは確かです。

ですが、三井住友銀行カードローンの場合、年収よりも大事な審査項目として「他社の返済に遅れがないか?」と言うのがあるんです。

実は、三井住友銀行カードローンに限らず、あらゆる金融関連の審査では、年収よりも返済に遅れがないかなどの「返済実績」を重要視している傾向にあるんです。

つまり、極端な話を言えば、あなたの年収が1000万円を超えていたとしても、クレジットカードや他社カードローンの返済に遅れや滞納が多ければ、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまうということ。

参考記事
>>三井住友銀行カードローンの審査で返済遅れはどこまで影響する?

逆に言えば、普段からクレジットカードなどの返済で滞納や延滞がなく、しっかりと腹い続けているのであれば、たとえあなたの職業が自営業やフリーターであったとしても、三井住友銀行カードローンの審査に通る可能性は十分にあるということ!

まずは三井住友銀行カードローンに申し込んでみて、審査結果がどうなるか調べてみましょう。

きっと三井住友銀行カードローンならあなたの心強い味方になってくれること、間違いありませんよ!