三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの違いを7つに分析!

三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの違いで一番大きいのが「毎月の返済額」の違いです。

実は三井住友銀行カードローンの方が、毎月の返済額が細かく分けられているので、借りた時に返済の負担になりにくいと言えます。

一方、みずほ銀行カードローンならまとまった金額を借りた時の返済額が安いので、借り換えやおまとめローンととても相性が良いです。

なので、結論としては「少額を借りたりなら三井住友銀行カードローン」「まとまった金額を借りたいならみずほ銀行カードローン」がおすすめだと言えます。

三井住友銀行とみずほ銀行のカードローンの違いを比較!

 三井住友銀行カードローンみずほ銀行カードローン
限度額最大800万円最大800万円
金利4.0%~14.5%2.0%~14.0%
収入証明書原則50万円まで不要必要
審査スピード早い早い
保証会社プロミスオリコ
最低返済額2000円~10000円~
口座開設なしあり

三井住友銀行カードローンは「口座開設なし・限度額50万円まで収入証明書なし・最低返済額が安い」と言った特徴があります。

つまりこれは、今すぐお金を借りたい時や少しでも安い金額でお金を借りたい時に便利なカードローンだと言えます。

一方、みずほ銀行カードローンは「金利が安く・限度額が高くなるにつれ返済額が割安になる」という傾向があります。

つまり、みずほ銀行カードローンを選ぶときは「まとまった金額を借りたい」ときや「おまとめや借り換えローン目的」の時におすすめできるカードローンだと言えます。

これを読めば、あなたが三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンのどちらを選べばいいのかが一目で分かるようになりますよ!

 

三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンはどちらがおすすめなのか?

「カードローンは三井とみずほどちらがお得なの?」
「どっちのカードローンにするか悩んでいる」

三井住友銀行とみずほ銀行はどちらも大きい銀行なので、どちらのカードローンにするべきなのか悩みますよね。

両方とも安心して使える銀行カードローンであることは間違いありませんが、

「どちらの方がお得に利用できるのか?」

もしあなたがそんな疑問を持っているなら、次の4つの比較ポイントから考えてみるのがおすすめです。

2つの銀行を比較する時のポイント!

少しでも利息を抑えるならみずほ!
まとまった金額を借りるならみずほ!
返済額を安く抑えたいなら三井!
口座開設の手間を考えるなら三井!

みずほ銀行カードローンの方が金利が少しだけ安いんですが、毎月の最低返済額は三井住友銀行カードローンの方が安いんです。

そのため、少額のキャッシングなら三井住友銀行カードローンの方が有利で、借り換えやおまとめ目的ならみずほ銀行カードローンがおすすめです。

 

1.少しでも利息を抑えるならみずほ銀行カードローン

まず少しでも金利や利息を安く抑えたいと思うならみずほ銀行カードローンがおすすめです。

三井住友銀行とみずほ銀行を金利で比較してみた

 100万円200万円300万円400万円500万円600万円700万円800万円
三井住友銀行カードローン12.0%~14.5%10.0%~12.0%8.0%~10.0%7.0%~8.0%6.0%~7.0%5.0%~6.0%4.5%~5.0%4.0%~4.5%
みずほ銀行カードローン14.0%12.0%9.0%7.0%6.0%5.0%4.5%2.0%

こんな感じで、全体を通してみずほ銀行カードローンの方が金利が少しだけ安いように設定されています。

ただ、10万円を年率14.5%と14.0%で借りた時の1週間の利息差は約9.5円にしかなりません。

元々がどちらも低金利で借りれる銀行カードローンのため、金利の安さだけで両者を比較するのはあまり意味がないと言えます。

300万円以上のまとまった金額を借りるなら利息差も大きくなりますが、300万円未満であればどちらを選んでもそこまで問題はないと言えます。

 

2.まとまった金額を借りる時もみずほ銀行カードローン!

ただし、みずほ銀行カードローンの最大の特徴は、おまとめや借り換えととても相性が良い点が挙げられます。

と言うのも、さっき挙げた「金利が安い」というポイントの他にも、100万円以上借りた時の最低返済額が安いのが大きなポイントです。

100万円以上のお金を借りた時の返済額を比較

 100万円200万円300万円400万円500万円600万円700万円800万円
三井住友銀行カードローン15,000円25,000円35,000円45,000円55,000円60,000円65,000円70,000円
みずほ銀行カードローン10,000円20,000円30,000円40,000円50,000円60,000円70,000円80,000円

実は100万円以上のお金を借りようとすると、三井住友銀行よりみずほ銀行のカードローンの方が返済額を安く抑えられるんです。

なので、おまとめ目的や借り換え目的でカードローンを探しているなら、最低返済額と金利が安くなりやすいみずほ銀行カードローンがおすすめ!

100万円以上の借入ならみずほ銀行カードローンの方が返済額が安いので、上手に活用して下さいね!

 

3.返済額を安く抑えたいなら三井住友銀行カードローン!

ちなみに。

限度額が50万円までの借入であれば、三井住友銀行カードローンの方が最低返済額は安くなります。

100万円未満の最低返済額を比較してみた!

 10万円20万円30万円40万円50万円60万円70万円80万円90万円100万円
三井住友銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円11,000円12,000円13,000円14,000円15,000円
みずほ銀行カードローン10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円

この様に、限度額が50万円までなら三井住友銀行カードローンの返済額はとても割安です。

逆に50万円を超えてくるとみずほ銀行カードローンの方が返済額が安くなりやすいので注意してください。

ただし、最低返済額は安いということはそれだけ完済にも時間が掛かりやすくなるということ!

なので、返済に余裕がある月があれば、積極的に繰り上げ返済を活用することで、より便利に銀行カードローンを使えるようになります。

 

4.口座開設の手間を考えるなら三井住友銀行カードローン!

最後の比較ポイントとして、口座開設の手間を考えれば、三井住友銀行カードローンの方が便利だと言えます。

と言うのも、みずほ銀行カードローンは口座開設が融資条件となりますが、三井住友銀行カードローンなら口座開設の必要がありません。

また、みずほ銀行のカードローンの受け取りは郵送のみですが、三井住友銀行カードローンなら郵送はもちろん自動契約機でのカード発行にも対応しています。

そのため、融資の気軽さや家族に気付かれずに借りたい場合は三井住友銀行カードローンの方が便利で安心だと言えます。

また、すでに三井住友銀行の口座を持っている人なら、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能がすぐに加わるのでとても便利!

もしあなたが三井住友銀行の銀行口座を持っているなら、三井住友銀行カードローンがとてもおすすめですよ!

 

あなたの借りたい限度額で三井住友銀行かみずほ銀行を選ぶのがおすすめ!

三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンはどちらも金利が安く安心して利用できる銀行カードローンだと言えます。

正直、どちらの方がカードローンとして優秀なのかは甲乙つけがたいです。

ですが、あなたの利用目的や借入予算から考えれば、どちらのカードローンの方がおすすめなのかはとてもはっきりします。

 

三井住友銀行とみずほ銀行どちらのカードローンがおすすめ?

三井住友銀行カードローンみずほ銀行カードローン
借入予算は50万円くらい少しでも利息を抑えたい
口座開設の手間を省きたい50万円以上の金額を借りたい
できるだけ早く借りたい借換やおまとめ目的
カードの郵送は避けたい融資まで時間が掛かってもいい

もしあなたが今すぐお金が必要で、家族に気付かれずに内緒でお金を借りたいと思っているなら三井住友銀行カードローンがとてもおすすめです。

逆に、多少審査に時間が掛かっても構わず、50万円以上のまとまった金額を借りたいのなら、最低返済額が安いみずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンだと口座開設の手続きやカードが郵送で届くなど、手続き面での手間は掛かりますが、その分より良い条件で借りれます。

どちらが良い悪いという話ではなく、あなたの借入予算や状況に応じて、どちらか好きな方を選ぶことが大切です。

あなたにとって最適なカードローンをぜひ見つけて下さいね!