三井住友銀行カードローンと千葉銀行カードローンの違いを7つに分析!

三井住友銀行カードローンと千葉銀行カードローン。

この両者の違いはどこにあるのか?

結論から言えば、三井住友銀行カードローンは全国対応で便利に使えるカードローンだと言えます。

それに対し、千葉銀行カードローンは関東に特化した専業主婦も借りれる利便性の高いカードローンだと言えます。

三井住友銀行と千葉銀行。両者のカードローンを比較

 三井住友銀行カードローン千葉銀行カードローン
限度額最大800万円最大800万円
金利4.0%~14.5%1.7%~14.8%
収入証明書原則50万円まで不要原則50万円まで不要
審査スピード早い早い
保証会社プロミスエム・ユー
最低返済額2000円~2000円~
口座開設なしあり

基本的なサービス面での違いはあまりなく、どちらを選んでも安心して利用できることは間違いありません。

あえて違いを挙げるとすれば、三井住友銀行カードローンは全国対応なのに対し、千葉銀行カードローンは関東圏限定のカードローンであること。

そのため、もしあなたが関東以外に住んでいるのなら、三井住友銀行カードローンがおすすめとなります。

ちなみに、千葉銀行カードローンなら専業主婦や派遣社員の審査もOKなので、あなたが関東在住の非正規社員なら融資に積極的な千葉銀行カードローンがおすすめです。

今回は両者のカードローンの違いについて詳しく解説して行くので、どちらのカードローンにするか悩んでいるのなら、ぜひチェックして下さい。

これを読めばあなたも三井住友銀行カードローンと千葉銀行カードローンのどちらがおすすめなのかしっかりと分かりますよ!

 

三井住友銀行と千葉銀行はどちらがおすすめなのか?

千葉銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの違い。

これについては、次の6つの比較ポイントから分析すると良く分かるかと思います。

三井住友銀行と千葉銀行を比較する時のポイント!

金利が安いのは千葉銀行カードローン
返済額が安いのは三井住友銀行カードローン
土日祝もすぐに借りれるのは千葉銀行
千葉銀行カードローンなら専業主婦も利用できる
三井住友銀行なら口座開設なしで借りれる
サービスが充実しているのは三井住友銀行

1.金利が安いのは千葉銀行カードローン

まず三井住友銀行と千葉銀行の2つのカードローンの金利を比較すると、千葉銀行カードローンの方が金利が全体的に安いことが分かります。

三井住友銀行と千葉銀行のカードローン金利を比較

 100万円200万円300万円400万円500万円600万円700万円800万円
三井住友銀行カードローン12.0%~14.5%10.0%~12.0%8.0%~10.0%7.0%~8.0%6.0%~7.0%5.0%~6.0%4.5%~5.0%4.0%~4.5%
みずほ銀行カードローン9.0%~12.0%6.0%~12.0%6.0%~12.0%5.5%4.3%4.0%3.5%1.7%

基本的にカードローンの金利は、限度額が高くなるにつれて安くなる仕組みになっています。

そして、金利の安さだけを比較するなら、全体的に千葉銀行カードローンの方が金利が安いです。

例えば限度額100万円を年率14.5%と年率12.0%で1か月借りた時の利息差は約2054円にもなります。

そのため、少しでも利息を安く抑えたいのなら千葉銀行カードローンの方が有利になりやすいです。

 

2.返済額が安いのは三井住友銀行カードローン

ただし、金利が安いからと言って、毎月の返済額が安くなるとは限りません。

と言うのも、毎月の最低返済額は各銀行が独自に決めるものであって、金利で左右される数字ではないからなんです。

限度額100万円までの最低返済額を比較

 10万円20万円30万円40万円50万円60万円70万円80万円90万円100万円
三井住友銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円11,000円12,000円13,000円14,000円15,000円
みずほ銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円20,000円20,000円20,000円20,000円20,000円

限度額100万円以上の最低返済額を比較

 100万円200万円300万円400万円500万円600万円700万円800万円
三井住友銀行カードローン15,000円25,000円35,000円45,000円55,000円60,000円65,000円70,000円
みずほ銀行カードローン20,000円30,000円40,000円50,000円60,000円70,000円80,000円90,000円

この通り、全体を通して毎月の最低返済額は三井住友銀行カードローンの方が安いです。

そのため、少しでも毎月の返済負担を軽くしたいのなら三井住友銀行カードローンの方がおすすめです。

ただし、毎月の最低返済額が安いと言うことは、それだけ完済までに時間が掛かりやすいというデメリットもあります。

なので、三井住友銀行カードローンを選ぶときは積極的な繰り上げ返済を前提にして考えることをおすすめします。

 

3.土日祝もすぐに借りれるのは千葉銀行

ちなみに、千葉銀行カードローンなら、土日祝もすぐに審査に応じてくれるので、とても便利です。

通常、多くの銀行カードローンは土日祝の審査を行っていませんが、千葉銀行カードローンなら平日・土日関係なく朝の7時~夜の23時まで審査を受け付けています。(12月31日~1月3日を除く)

そのため、もしあなたが今すぐ審査を申し込んでキャッシングしたいと思うなら、千葉銀行カードローンの方が早い審査が期待できます。

また、千葉銀行カードローンなら勤務先への在籍確認の電話を書類確認に切り替えてくれるケースもあるので安心です。

 

4.千葉銀行カードローンなら専業主婦も利用できる

千葉銀行カードローンのもう一つのメリットとして「専業主婦も利用できる」という点があります。

これは実際に千葉銀行に電話して確認した話ですが「専業主婦も配偶者である夫に十分な収入があれば審査に通る」と回答を頂きました。

そのため、もしあなたが関東在住の専業主婦なのであれば、千葉銀行カードローンがとてもおすすめだと言えます。

 

5.三井住友銀行なら口座開設なしで借りれる

もちろん三井住友銀行カードローンにもメリットがあります。

千葉銀行カードローンにはないメリットとして代表的なのが「口座開設なしで借りれる」と言う点です。

千葉銀行カードローンだと、口座開設が必要なので手間が掛かります。

その点、三井住友銀行カードローンなら口座開設なしで借りれるので、三井住友銀行の口座を持っていない人でも安心。

また、千葉銀行カードローンだとカードの支払方法は口座引落のみですが、三井住友銀行カードローンなら提携ATMからの返済もできます。

なので、家族に内緒で借りたいと言う時は、千葉銀行より三井住友銀行カードローンの方が安心だと言えます。

 

6.サービスが充実しているのは三井住友銀行

その他、千葉銀行と三井住友銀行の両方のカードローンの特徴を比較すると、サービス面での充実度は三井住友銀行カードローンの方に軍配が上がると言えます。

三井住友銀行カードローンの主なサービス内容

  • 口座開設なしで借りれる
  • 金利優遇プランがある
  • キャッシュカード一体型のカードもある
  • 返済方法が多彩
  • 自動契約機がある
  • 公式アプリがある など

そのため、もしあなたが便利にカードローンを活用したいのなら、三井住友銀行カードローンの方が便利だと言えます。

特に三井住友銀行カードローンなら、銀行内に自動契約機が設置されてあるので、カードが郵送で届く心配がありません。

そのため家族に内緒で借りたいのなら、三井住友銀行カードローンの方がよりバレにくいと言えます。

また、返済方法が口座引落のみの千葉銀行カードローンとは違い、三井住友銀行カードローンなら提携ATMからの支払いにも対応しています。

こうした「かゆい所に手が届くサービス」が充実しているのは、三井住友銀行カードローンの大きな特徴だと言えます。

 

便利に利用したいなら三井住友銀行、今すぐ借りたいなら千葉銀行!

今回は三井住友銀行と千葉銀行のそれぞれのカードローンを比較しました。

結論を言えば「便利に利用したいなら三井住友銀行カードローン、今すぐ借りたいなら千葉銀行カードローンがおすすめ」と言えます。

三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済額も安く口座開設なしで利用できるので、とても使い勝手の良いカードローンになっています。

一方、千葉銀行カードローンなら、専業主婦も利用できたり土日祝の審査にも対応しているなど、今すぐ借りたい時にとても便利です。

カードローンを選ぶときに大切なのは、金利の安さだけで選ぶのではなく、借りてからも便利に利用できるかということ。

特に三井住友銀行カードローンなら口座開設なしで審査も早いのでおすすめです。

もちろん千葉銀行カードローンもとても便利なので、どちらか好きな方を選んで下さい。

きっとどちらもあなたにとって心強いカードローンになってくれること、間違いありませんよ!